ABOUT

ウィノベーション研究会について

「職場体験(WE)からの働き方改革へ」
ウィノベーション研究会(WE研)

正式名称:「職場体験からの働き方改革」研究会

働き方改革を提言する団体

私たちは「職場体験(WE、Workplace Experience)の向上」をコンセプトに、働き方改革を政策提言する企業の集まりです。WE(職場体験)をInnovation(改革)するという想いからウィノベーションと命名しました。
ウィノベーション研究会では、企業だけでなく、働き方改革が専門の有識者、行政担当者、政治家などを交えて、提言内容を共創していきます。

労働生産性を高める政策にアップデート

昨今の働き方改革の動きは、長時間労働の規制などが中心である一方で、労働生産性を高める政策はまだ十分とは言えません。現状のままでは、企業の競争力が落ちていき、延いては日本の活力そのものが減ってしまうことを危惧しています。
このため私たちは、労働生産性をいかに高めるかという観点から働き方改革をアップデートさせる政策を提言していきます。

コンセプトは職場体験(WE)の向上

私たちは職場体験(WE, Workplace Experience)の向上が、働き方改革を成功させる重要な鍵だと考えています。
職場体験とは、「お客様から感謝された」、「上司から褒められた」、「待遇がよくなった」、「スキルが上がった」など、仕事における幸福の体験全般を包括する概念です。
職場体験が向上することで、社員の幸福度が高まり、その結果、幸せな社員が主体的に業務に取り組み、労働生産性が高まると考えています。
私たち、ウィノベーション研究会では、強い企業と幸せな社員を増やすために、職場体験を向上させるための様々な政策を共創し、提言していきます。